ホーム » エコ意識高まる断熱リフォーム

エコ意識高まる断熱リフォーム

寒い日が続いていますが、春になればそんなこともすっかり忘れてしまいます。しかし、電気代は使った後に請求されます。真冬はいつも高い光熱費で頭を悩ませているなら一気に断熱リフォームしてみませんか?

 

省エネ対策に効果ありの断熱リフォーム


いくらお金を持っていても、エアコンや床暖房をずっと使っていると、無駄な電力を使ってしまいます。

1432d2f313775229dddd215e013d6584 s - エコ意識高まる断熱リフォーム

そのうち、自然環境が破壊され、地球に住めなくなってしまう恐れもあります。


省エネ対策を実施すれば、光熱費を抑えられます。特にお住まいの断熱性に注目すると、冷暖房の効き目がよくなり、空調の使用頻度も少なくなります。

 

お住まいの断熱リフォームは、床、壁、天井、開口部、屋根といった箇所の部分的な断熱施工を行うものではなく、お住まいの流れる空気を意識した全体的な断熱リフォームにより、高い断熱効果が得られるものと考えられます。

開口部は必ず断熱


一般的な断熱リフォームでは、窓の部分の断熱が行われます。複層ガラスや室内の内窓の二重サッシへの施工がよく実施されます。内窓の設置リフォームは手軽に実施でき、予算も10万円前後です。断熱効果の他、防音、結露防止にも高い効果があります。



フローリングや壁の断熱


床を断熱すると冬場もぽかぽかして寒さも和らぎます。床を剥がして断熱材を入れるリフォームや床下にある点検口から断熱材を入れるリフォーム方法があります。費用は10万円前後です。
壁の断熱リフォームは、壁を剥がして断熱材を入れます。壁を剥がすと、補修や下地張り、仕上げ材の施工も同時に行う必要があり、費用が高額です。1平米あたりでも1〜1万5千円かかります。
外壁の張り替えでも断熱性能を高めたサイディングがあり、費用は高くなりますが、断熱も兼ねたサイディングリフォームができます。



天井裏の断熱


天井裏もしっかり断熱しましょう。夏の暑さの原因は屋根や天井裏です。断熱材がないと室内にそのまま熱が伝わります。冬場も天井から熱が逃げやすくなります。天井裏の断熱リフォームの施工費用は、10〜40万円前後です。



断熱リフォーム費用を抑える方法


断熱リフォームにより、毎日の暮らしを快適にできます。でも、費用はローンを組んだり、貯蓄の中から捻出したりしなければなりません。
省エネリフォームに関しては、減税制度が利用でき、自己資金による投資型の減税制度なら控除率10%、最大で25万円が控除されます。
また、ローン型の利用も可能になっていますし、翌年度には固定資産税の減税も受けられます。
詳しくは自治体や親切で信頼できるリフォーム業者にお問合せください。